1. 教えること

    結果としての”覚悟”。〜ATI教師認定試験を受けて〜

    アレクサンダー・テクニークの教師資格を取得して、3年の月日が経ちました。めぐる月日の中、レッスンという空間でたくさんの皆様と時間を共有させていただきましたが、このレッスンには良くも悪くも教師である"わたし自身"というものが色濃く反映されていくものでもあります。だんだん、だんだんと知らない間に利己的な解釈や、分かっているふりや、気づかない習慣や思い込みやらが侵入し…

  2. サックス・楽器演奏のこと

    音階練習が育むものとは、何か。

    『なぜそんなにスケール(音階)練習をするんですか?』インタビュアーにそう問われた、あるヴァイオリニストの答えが当時の凝り固まった私の脳内を打ち砕き、鼻血…

  3. ココロとカラダ

    ひとりの時は、できるのに…。〜レッスン編〜

    「一人で練習してる時は、できるんですけどね…レッスンになると…。」音楽大学でクラリネットを学ぶ生徒さん。コンサートや試験などの本番よりも、とにかく大学での個…

  4. サックス・楽器演奏のこと

    “禁止”を超えていく。〜大人の学び直し〜

    「こんな動きをしていたんですね…これまで全く気付いてなかったです。これがタンギングに影響してたのか・・・」    サクソフォン奏者の生徒さん。奏者としても、…

  5. 自由なパフォーマンスのために

    ひとりの時は、できるのに…。〜合奏編〜

    「1人で練習してる時はできることが、合奏になるとできなくなるんです…。」とある音楽大学でトランペットを学ぶ生徒さん。その日はグループレッスンだったので「…

  6. 自由なパフォーマンスのために

    「満足してはいけない」という病。

    「・・・またそんなこと言ってる。」「・・・え?な、なになに?」「"全然大したことじゃない。"って。自分の成果を、自分がちゃんと認めてあげなきゃ。あなた、…

  7. ココロとカラダ

    共演者の視線。

    「これを今日、ここでお話しすることは、本当に勇気が要ります…。」かなり思いつめた様子で、その管楽器奏者の方は話し始めました。「共演者とか指揮者の視線が、…

  8. サックス・楽器演奏のこと

    あなたの”呼吸”をアップデート!その2

    「あなたの"呼吸"をアップデート!その1」に続き、今回は「その2」です。前回は「息を吸うこと」について触れましたので、今回は主に「息を吐…

  9. サックス・楽器演奏のこと

    あなたの”呼吸”をアップデート!その1

    私は主に楽器を演奏する方や歌を歌う方に向けて、演奏する時の身体の使い方や精神面についてレッスンを行なっています。今回は管楽器奏者や歌い手の方からよくご質…

  10. 未分類

    チャレンジから見えた自分の姿。〜思考の習慣と”抑制”〜

    先日、簿記の試験を受けに行きました。私は高校を卒業して音楽大学に入り、卒業してからはずっとフリーランス奏者として活動してきたわけで…まぁホントに経済とかお金…

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    「鼻抜け」を考える。
  2. サックス・楽器演奏のこと

    「正面」の思い込みが生んだ動きにくさ。
  3. サックス・楽器演奏のこと

    あなたの”呼吸”をアップデート!その1
  4. サックス・楽器演奏のこと

    「何も教えることなど、できない」〜指の不調と向き合う生徒さんからのメール〜
  5. サックス・楽器演奏のこと

    緊張の裏側。
PAGE TOP