1. ココロとカラダ

    発音とビブラートの不調~サックス奏者とのレッスン~

    「主に発音とビブラートなんですが、日によってうまくいってる時といかない時があって……」サックス奏者とのレッスンから。"調子の波"というのは誰にでもあるものだと思いますが、その不調の原因が何なのかがある程度クリアになっていくと、その波も多少は穏やかに乗りこなせるものだと思います。今回は発音のプロセスを丁寧に見ていく中で、その原因を少しずつ紐解いて行きました。発音の不調…

  2. ココロとカラダ

    「演奏には、その人の全てが詰まっている」~ピアニストとのレッスンから~

    先日レッスンにいらっしゃったあるピアニストさんから、こんなメッセージが届きました。"先日はレッスンをありがとうございました!難しいエチュードを弾いているのに…

  3. レッスン情報・掲載情報

    1月のレッスンのご案内

    1月に開催予定の各種レッスン・スケジュールです。ぜひご参加くださいませ。個人レッスン・ペアレッスン(東京&名古屋)1月の個人レッスン・ペアレッスンの…

  4. 教えること

    触れる、ということ。

    ーーーーーーー「レッスンをとおして生徒さんが何を受け取ったか、私たちには量り知ることなどできないのよ。」ーーーーーーー先日、ボストンから来日しているデビ…

  5. ココロとカラダ

    「できるとき」と「できないとき」の謎。

    「このレッスンに来ると、なぜか上手くできちゃうんですよね……。でも他のところだとできなくなってしまって(笑)」  レッスンでよく聞く言葉です。一度でも"できた"…

  6. 自由な本番のために

    長休符をどう過ごすか。~本番のためのプラン~

    「曲の中に長い休符がありましてね……ピアノの場合、普段はあまりそんなことがないので、何だか居心地が悪いというか。待ってる間にどんどん緊張してきた…

  7. ココロとカラダ

    演奏するための”姿勢バランス”と出会う。

    実は小さい頃から、「身体の使い方」がとても苦手でした。瓶のフタを開ける、自転車に乗る、口笛を吹く、何かを結ぶ、マット運動、高跳びや幅跳び……。どれも上手…

  8. 自由な本番のために

    本番中の「リアルタイム反省会」から脱却するために。

     演奏中つい繰り広げてしまう「リアルタイム反省会」。「あぁやっぱり上手くいかなかった。悔しい……。」「え、いま何で間違えた?何が起こった?」「今のとこ、もっ…

  9. サックス・楽器演奏のこと

    変化と達成のために大切なこと。〜習慣の認識〜

    このところ、やっとパソコンの「ブラインドタッチ」をマスターしました。(注※マスター、というのが果たしてどこまでのレベルを指すのかはさておき……ま…

  10. ココロとカラダ

    未知から既知への変化がもたらすもの。

    「人間にとって、未知とは恐怖である。」……確かにそうだとも言えますね。例えば"行ったことがないところに行く"というのは、大なり小なり緊張が伴うものです。…

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    あなたの”呼吸”をアップデート!その1
  2. ココロとカラダ

    クセはなぜやめられないのか
  3. サックス・楽器演奏のこと

    楽器をストラップにかけるときや持ち運ぶときに心がけたい3つのこと
  4. サックス・楽器演奏のこと

    「THE SAX vol.89」に寄稿させていただきました。
  5. ココロとカラダ

    “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜
PAGE TOP