BLOG

ブログ

演奏する人のココロとカラダ

ひとりの時は、できるのに…。〜レッスン編〜

「一人で練習してる時は、できるんですけどね…レッスンになると…。」 音楽大学でクラリネットを学ぶ生徒さん。コンサートや試験などの本番よりも、とにかく大学での個人レッスンで極度に緊張してしまうのだそうです。 レッスンというものは、確かにちょっと特別な時間ではありますね。個人レッスンとなると、なおさらです。 こ...

演奏する人のための身体の使い方

“禁止”を超えていく。〜大人の学び直し〜

「こんな動きをしていたんですね…これまで全く気付いてなかったです。これがタンギングに影響してたのか・・・」     サクソフォン奏者の生徒さん。奏者としても、教師としても、長いキャリアをお持ちです。 演奏者は長い時間をかけ、あらゆる方向からあらゆる方法で自らの奏法を確立していきます。 私自身もそうでしたが、...

演奏する人のココロとカラダ

ひとりの時は、できるのに…。〜合奏編〜

「1人で練習してる時はできることが、合奏になるとできなくなるんです…。」 とある音楽大学でトランペットを学ぶ生徒さん。 その日はグループレッスンだったので「私もー!」と次々と声が上がります。 こういった複数の人々が絡む状況でのお悩みを扱うとき、グループレッスンはとても大きな効果を発揮します。 今回はそんな「...

演奏する人のココロとカラダ

「満足してはいけない」という病。

「・・・またそんなこと言ってる。」 「・・・え?な、なになに?」 「”全然大したことじゃない。”って。自分の成果を、自分がちゃんと認めてあげなきゃ。あなた、すごいことやり遂げたのよー。100点満点なんて。なかなか取れるもんじゃないんだから!」 「・・・あぁ、ホント、そうだったそうだっ...

演奏する人のココロとカラダ

共演者の視線。

「これを今日、ここでお話しすることは、本当に勇気が要ります…。」 かなり思いつめた様子で、その管楽器奏者の方は話し始めました。 「共演者とか指揮者の視線が、ホントに怖いんです…。思い込みだと、分かってるんですけど。」 共演者。共に音楽を作り上げる、大切な仲間。 しかしオーケストラや吹奏楽ともなると、それはま...

演奏する人のための身体の使い方

あなたの”呼吸”をアップデート!その2

「あなたの”呼吸”をアップデート!その1」に続き、今回は「その2」です。 前回は「息を吸うこと」について触れましたので、今回は主に「息を吐くこと」と「息の支え」についてまとめてみます。 「吐く」ことについて さて、今回は息を吐くことについて。 息を吐くときは、肺の中にある空気が気道に...

演奏する人のための身体の使い方

あなたの”呼吸”をアップデート!その1

私は主に楽器を演奏する方や歌を歌う方に向けて、演奏する時の身体の使い方や精神面についてレッスンを行なっています。 今回は管楽器奏者や歌い手の方からよくご質問を受けること、また私自身が演奏において役に立った呼吸と姿勢(動き)の関係について、あらためてまとめてみたいと思います。  知識を持ってイメージする 楽器...

私のチャレンジ

チャレンジから見えた自分の姿。〜思考の習慣と”抑制”〜

先日、簿記の試験を受けに行きました。 私は高校を卒業して音楽大学に入り、卒業してからはずっとフリーランス奏者として活動してきたわけで…まぁホントに経済とかお金のことというか、そもそも基本的に「世間知らず」なのです。 2年前に上京し、初めて”会社”というものに属することになって、そこで...

演奏する人のための身体の使い方

トリルを攻略する。〜動きと呼吸の観察〜

  「トリルがうまく入れられなくて・・・。頑張って動かそうとして、変に力が入ってしまうと止まりそうになったり、綺麗に粒が揃わないんですよね。」 トリルのお悩みはよくお聞きするものですが、ほとんどが「薬指または小指が関わるもの」であることが多いです。 薬指と小指・・・この悩ましき指たちを、どうコントロールでき...