過去の記事一覧

  1. 自由な本番のために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。

    ドキドキのソロを奏でるときと大切な人にプレゼントを渡すときはとても似ているような気がする。その人の喜ぶ顔を想像して…

  2. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜

    最近、レッスンを受けにお越しくださる皆様の中で、新幹線や飛行機でいらっしゃる方もすっかり珍しくなくなりました。教師としては毎回毎回、襟を正し、背…

  3. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。

    アレクサンダー・テクニークのレッスンは、「先生が生徒に教える。生徒は先生に教わる。」という、いわゆる"レッスン"とはかなりスタイルが異なります。…

  4. ココロとカラダ

    美しいパワー。〜自分は何を望んでいるか〜

    ーー「今日やりたいことはありますか?」「何がしたいですか?」私のレッスンは、必ず「生徒さんの望み」から始まります。しかし…

  5. ココロとカラダ

    患者さんの手。〜全体性を考える〜

    私の所属するBodyChanceでは、「全体性」をとても大切に考えます。身体は、そのすべてが繋がりあっているものであって、部…

  6. 自由な本番のために

    タブーを犯す。その先に残るもの。

    「そんなこと…ありえない。」音楽家だけでなく、きっと誰にでも自分の中で「タブー」としていることがあって、それがあまりにも当た…

  7. 自由な本番のために

    ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜

    言葉というのはとても強い力を持っているものですね。アレクサンダー・テクニークの学校であるBodyChanceの教師養成コースでは、言…

  8. 自由な本番のために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。

    ー「どんなことがあっても、本番は気持ちを切り替えて行かなきゃ。」本番前になんらかのアクシデントがあった時、こんな風に考えて本…

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. ココロとカラダ

    「満足してはいけない」という病。
  2. ココロとカラダ

    クセはなぜやめられないのか
  3. 自由な本番のために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。
  4. ココロとカラダ

    「チューニングが恐い…」過去との対峙。
  5. ココロとカラダ

    演奏するための”姿勢バランス”と出会う。
PAGE TOP