ココロとカラダ

患者さんの手。〜全体性を考える〜

私の所属するBodyChanceでは、「全体性」をとても大切に考えます。

 

身体は、そのすべてが繋がりあっているものであって、

部分で起きているように見えることも、

必ず全体と関わりがあるものである。

…そして心も。

 

そんなことを実感した出来事がありました。

 

未知への期待と、恐怖。

以前、とある外科系のクリニックでアルバイトをしていました。
そこでは日帰りの手術なども行われています。

その日は、手に怪我をされた患者さんの二度目の手術。
一度目の手術で固定してしばらく不自由だった手を、再び自由な状態に戻してゆく手術でした。

不自由だったものが自由になる、というのは一見とても良いことに感じますが、
元のように動けるようになるかという不安も大きかったのでしょう、
患者さんはとても恐怖を感じていらっしゃるように見えました。

看護師さんに促されて、反対側の手を両手でそっと握ると、少しだけ落ち着かれるようでした。

真夏なのに、冷たい指先。

結局、手術が終わるまでその手をさすったり、肩に手を置かせていただいたりしました。

 

部分と全体。全体と部分。

その間、患者さんの手は繊細に様々な動きをしていました。

それはまるで、動くほうの手が、手術を受けているほうの手を応援しているような。
手術が進むたび、自由さを取り戻していく指に、新たに動きを教えるような。

「トラブルなどで動かせない部分があるときは、その他の”動く部分”に積極的に動いてもらおう。」

…AT教師グレッグ・ホールダウェイ先生の言葉を思い出しました。

人間はやっぱりその全体で生きているのだなぁ。

どこかが故障していても、それ以外の全体がそこをカバーしようとしてくれる。

本当に、よくできている、完璧なデザイン。

そんなことを改めて感じたのでした。

(…余談ですがその手術、本当にすごい手術方法だったんです。
「人間ってすごい!」と思わざるを得ない体験でした。
詳しくは、ぜひ私に会いに来てくださいね(笑)。)

 

メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、

・よりダイレクトに役立ち、より演奏の現場に即した最新ブログ記事
・東京、大阪、名古屋はじめ全国でのレッスン&セミナー情報

などいち早くお伝えしてまいります。

ぜひご登録くださいませ!

 

関連記事

  1. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。

    数ヶ月に一度、頸部(くび)のCTを撮りに行っています。横たわっ…

  2. ココロとカラダ

    “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜

    『…何でこんなに同じことを何度も繰り返さなきゃ、で…

  3. ココロとカラダ

    腕に力が入ってしまうクラリネット奏者とのレッスン〜ソロへのエネルギー〜

    「楽譜に"ソロ"という文字を見つけると、途端に肩とか腕に力が入ってしま…

  4. ココロとカラダ

    楽譜を見るときの目の使い方とは?

    レッスンをしていて常々思うのは、「目の使い方」「ものの見かた」が演奏に…

  5. ココロとカラダ

    美しいパワー。〜自分は何を望んでいるか〜

    ーー「今日やりたいことはありますか?」「何がしたいですか?」…

  6. ココロとカラダ

    ひとりの時は、できるのに…。〜レッスン編〜

    「一人で練習してる時は、できるんですけどね…レッスンになると…。」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. 自由な本番のために

    本番のための練習。ひとつの考察。
  2. 教えること

    「あたりまえ」を洗練させるということ。〜指導者の方とのレッスンから〜
  3. サックス・楽器演奏のこと

    “基礎練”を考える。
  4. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。
  5. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜
PAGE TOP