自由な本番のために

YESのパワー。

 

『ここで間違えたらどうしよう…。』と思うのと

『ここで決められたら超ステキじゃん!』と思えるのとでは

自分に与える影響が全く違う。出てくる音も確実に違う。

「いつでも楽しむこと」は強いパワーを生む。

それは甘えでもなく、遊びでもない。本当の強さ。


目的に至るプロセス。

 

…演奏中でのお話。

「間違えたらどうしよう…」と思うことと、

「決められたら超ステキ!」と思うことが目指している「結果」は、同じものです。

しかしそのプロセスは、全く異なったものに変化します。

どちらが良いか悪いか、というよりは、

「どちらがうまく自分の身体を動かしやすいか

と表現するのがふさわしいでしょうか。

 

ちょっとした言葉遊びのように感じられるかもしれません。

しかしこんな時、瞬間的に習慣的に

「自分が望んではいないこと」を考えるのか、それとも

「自分が本当に望んでいること」を考えるか。

 

思考を”選ぶ”ことはできます。(…それには、少し練習が必要ですが。)

 

 

「自分が望んでいるもの」は果たして何か。

BodyChanceではこのように

「自分が望んでいること」について、具体的に

「何をしたらいいか、どう動いたらいいか」を考えていくことを

 

「Yesプラン」

 

と呼んでいます。

これは一見、とても静かに見えますが、

とてもパワフルで知的な活動だなぁと日々感じています。

さて、あなたがいま考えていることは、

ご自分にとって「Yesプラン」でしょうか…?

 

メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、

・よりダイレクトに役立ち、より演奏の現場に即した最新ブログ記事
・東京、大阪、名古屋はじめ全国でのレッスン&セミナー情報

などいち早くお伝えしてまいります。

ぜひご登録くださいませ!

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜

    最近、レッスンを受けにお越しくださる皆様の中で、新幹線や飛行機…

  2. ココロとカラダ

    本番前の”フワフワ感”を乗りこなす。

     「本番前に感じるあの"フワフワ感"を、もう少し何とかできないもの…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    編曲作品に取り組むこと〜アンサンブル・レッスンから〜

    ぎこちなさの正体。先日、リサイタルを目前に控えた若い演奏家さんたち…

  4. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。

    アレクサンダー・テクニークのレッスンは、「先生が生徒に教える。…

  5. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。

    …コンサートホールには、独特の空気感が漂っているものです。たと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    「演奏を通じて人生が語られている」〜レッスンで変化していく”本番”への対応力〜
  2. サックス・楽器演奏のこと

    「THE SAX vol.89」に寄稿させていただきました。
  3. ココロとカラダ

    お客様は野菜?思考が体に与える影響
  4. ココロとカラダ

    “自信”を持ってステージに立つためにできること。
  5. ココロとカラダ

    ひとりの時は、できるのに…。〜合奏編〜
PAGE TOP