自由な本番のために

  1. 未知から既知への変化がもたらすもの。

    「人間にとって、未知とは恐怖である。」……確かにそうだとも言えますね。例えば"行ったことがないところに行く"というのは、大なり小なり緊張が伴うものです。…

  2. “禁止”を超えていく。〜大人の学び直し〜

    「こんな動きをしていたんですね…これまで全く気付いてなかったです。これがタンギングに影響してたのか・・・」    サクソフォン奏者の生徒さん。奏者としても、…

  3. ひとりの時は、できるのに…。〜合奏編〜

    「1人で練習してる時はできることが、合奏になるとできなくなるんです…。」とある音楽大学でトランペットを学ぶ生徒さん。その日はグループレッスンだったので「…

  4. 本番前の”フワフワ感”を乗りこなす。

     「本番前に感じるあの"フワフワ感"を、もう少し何とかできないものでしょうか…鍵盤から手が浮いちゃう感じがして。」ピアニストさんとのレッスンで。「あ…

  5. ミスを減らす秘訣。

    「演奏中、"ここは絶対間違えちゃいけない!!"…とか思えば思うほど視野がどんどん狭くなるんですよね。それでも気合と練習の積み重ねがあれば、何とか…

  6. 演奏における動き。その希望的考察。

    「表現するときは、もっと動いたほうがいい。」「無駄な動きは妨げになるので、一切やめるべき。」演奏時の動きについては、様々な意見があります。それらの意見に…

  7. オーディション。その向こうにあるもの。

    「近々、団内オーディションがあるんですよ…。団員と、指揮者と音楽監督が審査員なんですけど。もう怖くて怖くて…。試練です。」いつもと違って、と…

  8. “自信”を持ってステージに立つためにできること。

      「本番って、ある程度"自信"があるときは良いんです。…でも無いときはもう…消えてしまいたくなって(笑)。自信って、何でしょうね。」「自信…

  9. “基礎練”を考える。

    「基礎練習」と聞くだけで、体が反応する方も多いのではないでしょうか。私も、なぜか背中やお腹に力が入ったり、ちょっと体が重く感じたり(笑)…確かにシンプル…

  10. 本番のための練習。ひとつの考察。

    「リハーサルまでは上手くいってたんです。納得するまで練習もできました。…でも本番ですごく緊張してパニックになってしまって…。」演奏をする方なら、どなたにでも…

  1. サックス・楽器演奏のこと

    美しさを聞き分けるのは。
  2. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。
  3. 自由な本番のために

    YESのパワー。
  4. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。
  5. ココロとカラダ

    「チューニングが恐い…」過去との対峙。
PAGE TOP