自由な本番のために

オーディション。その向こうにあるもの。

 

「近々、団内オーディションがあるんですよ…。団員と、指揮者と音楽監督が審査員なんですけど。もう怖くて怖くて…。試練です。」

いつもと違って、とても悲痛な表情でレッスンにいらっしゃったあるオーボエ奏者さん。

演奏とは、はっきりと「点数化」「数値化」することはとても難しいものですし、そもそもそういったことには向いてないものです。

だからこそ「合否」がはっきり決まるオーディションは、通常とはまた違うプレッシャーを伴うものになると思います。

今回はそんな「オーディション」について。  

 

呼吸のコントロールを損なう動き。

「いつもの本番と同じように吹けばいいと、分かっているんですが。。」

お話を伺うと、その団体では長く”首席”という立場にいらっしゃるそうです。

周りからは『受かって当然』と思われているそうで、それがまたプレッシャーだとのことです。

「受からなきゃ、受からなきゃと、どこかで思ってしまっているんですよね…。審査員がよく知っている人たちだからこそ、失敗できないとも。」

お話しされながら、どんどん顔色も悪くなっていきます。

「ひとまず、オーディション本番だと思って吹いてみましょうか。」

「はい…。やってみます。」

そうおっしゃりながら水につけていたリードを試し吹きして、楽器に装着する過程で、胸椎のカーブが失われ、肩甲骨どうしが引き寄せられる動きが起きていました。

こうなると呼吸の、特に吸うことに対する動きが損なわれやすくなります。

オーボエは、その唄口が小さいことからも、その材質や構造の上でも、非常に繊細な息のコントロールを必要とする楽器です。

フレーズの出だしがうまくいかず、何度か吹き直しながら演奏してくださいました。

「もし実際こうなってしまったら…。。なんでもないフレーズなのに。」

「一回、楽器を置きましょうか。」私は、いくつか質問をしてみることにしました。  

 

自分の”自分への評価”。

「受かって当然、受からなきゃ、失敗できない。いま演奏する前にそんな言葉が出てきましたが、それらについてはどう思いますか?」

「しんどいですね。とにかく不安で、気づけばそんなことばかり考えてます。審査員に、そう見られてるんじゃないかと思ってしまって。」

「受かって当然、吹けて当然って?」

「はい。。誰もそんなこと言ってないんですけどね。」

「…ですよね。それって結局、“自分が自分をそう見ている”ということと繋がりますか?」

「あー、そうだと思います。まさに。」

不安なほうに思考が流れるのは、人間の遺伝子に刷り込まれたいわば本能なので、それを「考えない」のはちょっと無理があります。そんなことをお話ししながら、別の質問をしてみることにしました。

「で、このオーディションに合格すると、どんないいことがあるんですか?」

「えっ!それが、今度の定期演奏会でのプログラムが超イイんですよ!首席になると、そのソロが全部吹けちゃうんですよ!」

表情がパッと明るくなるのでした。

「へー、それでそれで?」

「いやーもうずっとやりたかった曲ばかりで。そのために衣装も新しくしたんですよ!考えるだけで心躍ります(笑)。早くオーディション終わらないかな。。」  

 

大きな目的へ。

「それを考えまくって吹いてみたらどうなるでしょうね?」

「え?ええ。」

「オーディションの目的って、そっちですよね。じゃあ、不安が来たらもっとそっちの“本来の大きな目的”の方を膨らませてみたらどうでしょう。」

ここで呼吸に役立つ動きの提案をした上で、その方が呼吸のコントロールがスムーズにできるよう少し手を使ってサポートしながら、もう一度演奏していただきました。

「…あぁ、これならできそうですね!」

演奏の評価は審査員それぞれの感性の役割であり、そこに自分は介入できないこと。
不安に襲われても、自分は「本来の大きな目的」にいつも戻れること。

自分ができることとできないこと。そんなことを確認して、レッスンを終えました。

演奏がなまものである以上、不安は消えないものです。

でもその時に、「何を考えるか」「何を考えたいか」をあらかじめ用意しておく、またはそういった習慣をつけておくのは、自分を「本来の目的」に向かわせるために、とても健康的な方法だと思います。

これも、「練習」が要りますね。。(私も練習します。。(小声)。。)  

 

レッスンのご案内

所属する「Self Quest Lab(セルフ・クエスト・ラボ)」でグループレッスンやセミナーを開催しています。
詳しくは専用サイトをご覧ください。
(個人レッスンはこちら


メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、最新ブログ記事を始め、レッスン&セミナー情報などをいち早くお伝えしています。
下記のバナーをクリックして、ぜひご登録くださいませ!

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    “禁止”を超えていく。〜大人の学び直し〜

    「こんな動きをしていたんですね…これまで全く気付いてなかったです。これ…

  2. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。

    数ヶ月に一度、頸部(くび)のCTを撮りに行っています。横たわっ…

  3. 自由な本番のために

    ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜

    言葉というのはとても強い力を持っているものですね。…

  4. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。

    アレクサンダー・テクニークのレッスンは、「先生が生徒に教える。…

  5. サックス・楽器演奏のこと

    どう演奏すればいいのか分からなくなった時。

    「どう演奏するのが"正しい"のでしょうか・・・分からなくなってしまって…

  6. 自由な本番のために

    YESのパワー。

    『ここで間違えたらどうしよう…。』と思うのと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    「こんなにお腹が使えるんだと思って!」〜自分の指導にすぐ活かせるレッスン〜
  2. ココロとカラダ

    お客様は野菜?思考が体に与える影響
  3. サックス・楽器演奏のこと

    編曲作品に取り組むこと〜アンサンブル・レッスンから〜
  4. サックス・楽器演奏のこと

    続・鼻抜けを考える〜腹部、脚との関連性〜
  5. 自由な本番のために

    ミスを減らす秘訣。
PAGE TOP