サックス・楽器演奏のこと

緊張の裏側。

 

…本番の緊張について。

自分が「恐怖」や「不安」を感じていることを、まず認めること。

でもその裏側には、必ず大きな「情熱」や「愛情」があるもの。必ず。

その表裏をひっくり返してみたら…どんな世界があるだろう。

それはきっと壮大で幸せなチャレンジ。
.
.
.

私たちが本番を迎える時に、脳は必ずそれを察知してアドレナリンを分泌してくれます。

それは自分自身が最高のパフォーマンスを発揮するために必要な、様々な「高まり」をもたらしてくれますが、
同時に「恐怖」や「不安」が高まることも事実だと思います。

本番は、いつも一度きりの未知の世界。

そして人間は「未知なるもの」に恐怖を感じるもの。

…私たちが本番を前にそれらを感じることは、いわば当然のことと言えます。

まずそれを認めつつも、その恐怖や不安の裏側には、

自分の思い通りに演奏するために長い長い時間を費やしてきた、自分の「情熱」や、

音楽そのものはもちろん、この時間を共有する共演者や、聴衆の方々への「愛情」。

そんな大きな熱い想いが必ずあって。

それこそがむしろ表側で、真実なのだと思います。

緊張と呼ぶ「大きな高まり」の中、そんな幸せなチャレンジを抱いて、ステージに臨むことができたら…。

 

メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、

・よりダイレクトに役立ち、より演奏の現場に即した最新ブログ記事
・東京、大阪、名古屋はじめ全国でのレッスン&セミナー情報

などいち早くお伝えしてまいります。

ぜひご登録くださいませ!

 

関連記事

  1. 自由な本番のために

    本番のための練習。ひとつの考察。

    「リハーサルまでは上手くいってたんです。納得するまで練習もできました。…

  2. ココロとカラダ

    お客様は野菜?思考が体に与える影響

    アレクサンダー・テクニークの中で大切にされている考…

  3. 教えること

    演奏における動き。その希望的考察。

    「表現するときは、もっと動いたほうがいい。」「無駄な動きは妨げになるの…

  4. 自由な本番のために

    ミスを減らす秘訣。

    「演奏中、"ここは絶対間違えちゃいけない!!"…とか思…

  5. サックス・楽器演奏のこと

    「正面」の思い込みが生んだ動きにくさ。

    「背筋をまっすぐ」とか「胸を張って」とか、いわゆる…

  6. 自由な本番のために

    オーディション。その向こうにあるもの。

    「近々、団内オーディションがあるんですよ…。団員と、指…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. 自由な本番のために

    本番中の「リアルタイム反省会」から脱却するために。
  2. ココロとカラダ

    舌は変体する。
  3. サックス・楽器演奏のこと

    楽器を持ったらどうやって立つ?〜立奏で腰や脚が痛い方へ〜
  4. 未分類

    数字と感情のはざま。
  5. 教えること

    「あたりまえ」を洗練させるということ。〜指導者の方とのレッスンから〜
PAGE TOP