サックス・楽器演奏のこと

緊張の裏側。

 

…本番の緊張について。

自分が「恐怖」や「不安」を感じていることを、まず認めること。

でもその裏側には、必ず大きな「情熱」や「愛情」があるもの。必ず。

その表裏をひっくり返してみたら…どんな世界があるだろう。

それはきっと壮大で幸せなチャレンジ。
.
.
.

私たちが本番を迎える時に、脳は必ずそれを察知してアドレナリンを分泌してくれます。

それは自分自身が最高のパフォーマンスを発揮するために必要な、様々な「高まり」をもたらしてくれますが、
同時に「恐怖」や「不安」が高まることも事実だと思います。

本番は、いつも一度きりの未知の世界。

そして人間は「未知なるもの」に恐怖を感じるもの。

…私たちが本番を前にそれらを感じることは、いわば当然のことと言えます。

まずそれを認めつつも、その恐怖や不安の裏側には、

自分の思い通りに演奏するために長い長い時間を費やしてきた、自分の「情熱」や、

音楽そのものはもちろん、この時間を共有する共演者や、聴衆の方々への「愛情」。

そんな大きな熱い想いが必ずあって。

それこそがむしろ表側で、真実なのだと思います。

緊張と呼ぶ「大きな高まり」の中、そんな幸せなチャレンジを抱いて、ステージに臨むことができたら…。

 

メールマガジン「幸せなパフォーマンスのために」発行しています!

こちらのメルマガでは、最新ブログ記事を始め、メルマガ読者さまだけのお得なセミナー情報などをいち早くお伝えしています。

下記のバナーをクリックして、ぜひぜひご登録くださいませ!

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    美しさを聞き分けるのは。

    チューナーは魅力的な道具。「自分は大丈夫だろうか」と正しさを求…

  2. サックス・楽器演奏のこと

    編曲作品に取り組むこと〜アンサンブル・レッスンから〜

    ぎこちなさの正体。先日、リサイタルを目前に控えた若い演奏家さんたち…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    楽器を持ったらどうやって立つ?〜立奏で腰や脚が痛い方へ〜

    皆さんは、立って演奏することと、座って演奏すること、どちらがお好みでし…

  4. 自由なパフォーマンスのために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。

    ドキドキのソロを奏でるときと大切な人にプレ…

  5. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜

    最近、レッスンを受けにお越しくださる皆様の中で、新幹線や飛行機…

  6. 自由なパフォーマンスのために

    ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜

    言葉というのはとても強い力を持っているものですね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    緊張の裏側。
  2. サックス・楽器演奏のこと

    楽器を持ったらどうやって立つ?〜立奏で腰や脚が痛い方へ〜
  3. 教えること

    「あたりまえ」を洗練させるということ。〜指導者の方とのレッスンから〜
  4. 自由なパフォーマンスのために

    タブーを犯す。その先に残るもの。
  5. ココロとカラダ

    座っててもラクラク!座奏で楽に自由に動ける方法
PAGE TOP