サックス・楽器演奏のこと

緊張の裏側。

 

…本番の緊張について。

自分が「恐怖」や「不安」を感じていることを、まず認めること。

でもその裏側には、必ず大きな「情熱」や「愛情」があるもの。必ず。

その表裏をひっくり返してみたら…どんな世界があるだろう。

それはきっと壮大で幸せなチャレンジ。
.
.
.

私たちが本番を迎える時に、脳は必ずそれを察知してアドレナリンを分泌してくれます。

それは自分自身が最高のパフォーマンスを発揮するために必要な、様々な「高まり」をもたらしてくれますが、
同時に「恐怖」や「不安」が高まることも事実だと思います。

本番は、いつも一度きりの未知の世界。

そして人間は「未知なるもの」に恐怖を感じるもの。

…私たちが本番を前にそれらを感じることは、いわば当然のことと言えます。

まずそれを認めつつも、その恐怖や不安の裏側には、

自分の思い通りに演奏するために長い長い時間を費やしてきた、自分の「情熱」や、

音楽そのものはもちろん、この時間を共有する共演者や、聴衆の方々への「愛情」。

そんな大きな熱い想いが必ずあって。

それこそがむしろ表側で、真実なのだと思います。

緊張と呼ぶ「大きな高まり」の中、そんな幸せなチャレンジを抱いて、ステージに臨むことができたら…。

 

メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、

・よりダイレクトに役立ち、より演奏の現場に即した最新ブログ記事
・東京、大阪、名古屋はじめ全国でのレッスン&セミナー情報

などいち早くお伝えしてまいります。

ぜひご登録くださいませ!

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜

    最近、レッスンを受けにお越しくださる皆様の中で、新幹線や飛行機…

  2. ココロとカラダ

    “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜

    『…何でこんなに同じことを何度も繰り返さなきゃ、で…

  3. ココロとカラダ

    未知から既知への変化がもたらすもの。

    「人間にとって、未知とは恐怖である。」……確かにそうだとも言えます…

  4. サックス・楽器演奏のこと

    編曲作品に取り組むこと〜アンサンブル・レッスンから〜

    ぎこちなさの正体。先日、リサイタルを目前に控えた若い演奏家さんたち…

  5. サックス・楽器演奏のこと

    楽器をストラップにかけるときや持ち運ぶときに心がけたい3つのこと

    突然ですが!楽器って…重いですよね…。大きさも重さも様…

  6. ココロとカラダ

    舌は変体する。

    タンギングをはじめとして、音色や響き、息の圧力のコントロールなど、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. 受講者の声

    「ゲートが開いたように、指の動きがつながった」〜ファゴット奏者の方からのメール〜…
  2. サックス・楽器演奏のこと

    あなたの”呼吸”をアップデート!その2
  3. ココロとカラダ

    息が吸いにくい…?それ、構え方に原因があるかも!
  4. 自由な本番のために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。
  5. ココロとカラダ

    「満足してはいけない」という病。
PAGE TOP