サックス・楽器演奏のこと

美しさを聞き分けるのは。

私は吹奏楽部出身なので、

チューナーとはずいぶん深く長いお付き合いになります。

もちろん、ソプラノ、アルト、テナーとそれぞれの楽器ケースに一つずつ、

専用のチューナーが入っています(笑)。

チューニングする他にも、音を鳴らして一緒にハモってみたりと、

いろんな使い方ができる頼れる道具なのですが、

「この音程大丈夫かしら」と不安になると、

正しさを求めて無意識につい「すがって」しまいたくなる道具でもあります。

 

”音そのものの美しさ”を聞き分けてくれるもの。

でもチューナーが測ってくれるのは、音の高さだけです。

いま鳴っている音の響きそのものや、ハーモニーの多彩な変化、

様々な楽器との重なりで生まれる瞬間瞬間の色合いなど、

音そのものの美しさを測ることはできません。

その美しさを聞き分けることができるのは、

他でもない自分の耳だけなのだと思います。

最近は合奏中でもそれぞれの楽器にチューナーマイクがつきっぱなし、という学校も多くて、

それを拝見するたび、ちょっともったいないなという気持ちになったりします。

成長の過程で音程に敏感になることはとても大切なことですが、

「瞬間瞬間移り変わっていく音の美しさ」を聞き分けていける耳を

ぜひ育てていってほしいなと思うのです。

…では今この瞬間、どんな音があなたの耳に聞こえていますか?

 

メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、

・よりダイレクトに役立ち、より演奏の現場に即した最新ブログ記事
・東京、大阪、名古屋はじめ全国でのレッスン&セミナー情報

などいち早くお伝えしてまいります。

ぜひご登録くださいませ!

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    変化と達成のために大切なこと。〜習慣の認識〜

    このところ、やっとパソコンの「ブラインドタッチ」をマス…

  2. 自由な本番のために

    本番中の「リアルタイム反省会」から脱却するために。

     演奏中つい繰り広げてしまう「リアルタイム反省会」。「あぁやっぱり…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    「喉の力み」の意外な原因。

    サックスの生徒さんとのレッスンで。「喉が力んでる感じがするんです。…

  4. ココロとカラダ

    “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜

    『…何でこんなに同じことを何度も繰り返さなきゃ、で…

  5. ココロとカラダ

    楽譜を見るときの目の使い方とは?

    レッスンをしていて常々思うのは、「目の使い方」「ものの見かた」が演奏に…

  6. ココロとカラダ

    腕に力が入ってしまうクラリネット奏者とのレッスン〜ソロへのエネルギー〜

    「楽譜に"ソロ"という文字を見つけると、途端に肩とか腕に力が入ってしま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    ストラップと首と腕と私。〜”構える”というプロセス〜
  2. サックス・楽器演奏のこと

    続・鼻抜けを考える〜腹部、脚との関連性〜
  3. サックス・楽器演奏のこと

    “指への指示”をアップデートする。
  4. サックス・楽器演奏のこと

    “禁止”を超えていく。〜大人の学び直し〜
  5. ココロとカラダ

    舌は変体する。
PAGE TOP