サックス・楽器演奏のこと

  1. 成功確率を上げるために。

      練習の目的の一環に「成功確率を上げる」というものが挙げられると思います。「速くて複雑なフレーズを正確に演奏する」 「高音や低音、またそれへの跳躍など、難…

  2. “指への指示”をアップデートする。

    「指は"丸く"、とか"立てる"、ってよく言われるじゃないですか。理屈は分かるんですけど、なかなかできなくて。」初めてレッスンにいらっしゃった…

  3. “基礎練”を考える。

    「基礎練習」と聞くだけで、体が反応する方も多いのではないでしょうか。私も、なぜか背中やお腹に力が入ったり、ちょっと体が重く感じたり(笑)…確かにシンプル…

  4. リードとどう付き合うか。

    リード楽器奏者の皆さん。・・・梅雨です。今年も梅雨がやってきました・・・。梅雨どきだけでなく1年を通して、リードの選択や管理には頭を悩ま…

  5. 「正面」の思い込みが生んだ動きにくさ。

    「背筋をまっすぐ」とか「胸を張って」とか、いわゆる「良い姿勢」が演奏するときにはあまり役に立たなさそうだということは、生徒さんたちにも実感し…

  6. 「喉の力み」の意外な原因。

    サックスの生徒さんとのレッスンで。「喉が力んでる感じがするんです。ツラいし、音にも影響してると思うんですが・・・」よくあるお悩みですが、起こっていること…

  7. どう演奏すればいいのか分からなくなった時。

    「どう演奏するのが"正しい"のでしょうか・・・分からなくなってしまって」こんな質問をいただいたとき、『正しい演奏、なんて存在するんでしょうか?どうやりた…

  8. 舌は変体する。

    タンギングをはじめとして、音色や響き、息の圧力のコントロールなど、管楽器奏者にとって「舌」の持つ役割は大きく、また多岐にわたるもの。「見えそ…

  9. クセはなぜやめられないのか

    『分かってるんですけどね…なかなかやめられないんです。』演奏技術を習得していく中で、私たちは技術と共に様々な「クセ」を身につけていくもの。それら…

  10. 演奏するあなたの「存在価値」は揺らがない

    「こんなひどい演奏をして…。私など生きている価値がない。」決して冗談でなく、かつて私はよくこんな風に考えていました。自分に厳しく、という意味…

  1. 自由なパフォーマンスのために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。
  2. サックス・楽器演奏のこと

    「こんなにお腹が使えるんだと思って!」〜自分の指導にすぐ活かせるレッスン〜
  3. レッスン情報・掲載情報

    ご報告。
  4. 自由なパフォーマンスのために

    オーディション。その向こうにあるもの。
  5. 自由なパフォーマンスのために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。
PAGE TOP