教えること

私のレッスン・スタイル。

スポーツを見ていて、昔から

「選手とコーチって、いいな。」

と思うことがよくありました。

音楽の世界で、レッスンという空間の中において存在するのは「先生と生徒」「師匠と弟子」という関係性であり、それは「コーチとパフォーマー」というものとは少し異なるものだと思います。

演奏(またはその他の芸術)の技術を習得していく途上では、それは必要不可欠なことではあります。
守破離でいうところの「守」ですね。

しかし、ある程度技術を身につけ、自分のやりたい音楽が明確になっていったら、「指導者のやっていることを真似る」「指導者の指示を守る」というフェーズから必然的に離れていくでしょう。

そうして音楽的に自立した後、演奏者は(時折レッスンに行くなど、指導を仰ぐことはあっても)基本的に自分自身の管理や奏法などのアップデートを、全て主観である自分でコントロールしていくことになります。

私は音楽大学を出てからすぐにフリーランス奏者となりましたが、その活動の中で、自分を文字どおり客観的に見てくれる存在…いわゆる「コーチ」のような人がいたら助かるのにな、と思うことがよくありました。

調子を崩すたび(振り返ってみれば、それも一つの単なる「変化の過程」だったかもしれませんが)、それを何とかしようと悪循環に陥っては「自分はプレイヤーに向いてないのだ」と落ち込む日々もありました。

人は、時間やそのライフスタイル、ライフステージとともに変化し続けていくものです。

自分自身が変化していく中で、

「身体の使い方」
「メンタルのあり方」
「求める音や音楽そのもの」

なども変化していきます。

そんなことについて、客観的に観察分析し、その解決策についてともに建設的に考える存在。

そんな人がいたら、どんなにいいだろう…。

アレクサンダー・テクニークに出会い、それを学びながら様々な考え方やメソッドに触れていくことで、結果的に私自身がいわば「コーチ」のようなレッスン・スタイルにたどり着くことになりました。

私のレッスンでは、

生徒さんが”やりたい”と望んでいることをより具体化し、
今この瞬間、生徒さんに何が起こっているかをともに観察し、
それについてどのような身体の使い方や考え方が有効かを、

ともに考えていきます。

「コーチ」でもあり、「コンサルティング」に近いとも言えるでしょうか。

当然ですが、一方的な理論やノウハウ、考え方の押し付けといったようなものはありません。

やりたいことがあるのに、なかなかそこにアプローチできないと感じている方。
自分の過去と現在の違い、変化に戸惑いを感じている方。
一度自分自身の奏法や動きを明確にし、改善させていきたい方。
教える上で、新しいアイディアや変化を求めている方。

そんな全ての音楽家、またはパフォーマーの皆様とレッスンでお会いできますこと、心より楽しみにしております!

 

メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、

・よりダイレクトに役立ち、より演奏の現場に即した最新ブログ記事
・東京、大阪、名古屋はじめ全国でのレッスン&セミナー情報

などいち早くお伝えしてまいります。

ぜひご登録くださいませ!

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    音階練習が育むものとは、何か。

    『なぜそんなにスケール(音階)練習をするんですか?』インタビュアー…

  2. 教えること

    演奏における動き。その希望的考察。

    「表現するときは、もっと動いたほうがいい。」「無駄な動きは妨げになるの…

  3. ココロとカラダ

    15歳。最強だった私。そして”ねがい”。

    この季節になると、やっぱり吹奏楽コンクールのことが頭に浮かびます。…

  4. 教えること

    教えるとき。

    先日、ご縁あって海上自衛隊呉音楽隊さまにてワークショップを開催しました…

  5. 教えること

    触れる、ということ。

    ーーーーーーー「レッスンをとおして生徒さんが何を受け取ったか、私た…

  6. 教えること

    結果としての”覚悟”。〜ATI教師認定試験を受けて〜

    アレクサンダー・テクニークの教師資格を取得して、3年の月日が経ちました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    どう演奏すればいいのか分からなくなった時。
  2. 自由な本番のために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。
  3. ココロとカラダ

    15歳。最強だった私。そして”ねがい”。
  4. レッスン情報・掲載情報

    ご報告。
  5. サックス・楽器演奏のこと

    「THE SAX vol.89」に寄稿させていただきました。
PAGE TOP