教えること

教えるとき。

先日、ご縁あって海上自衛隊呉音楽隊さまにてワークショップを開催しました。

希望者の方のみの受講とのことでしたが、たくさんの方に集まっていただき、私としては非常に実り多き幸せな時間を過ごさせていただきました。

わずかな滞在時間ではありましたが、熱心で貪欲な音楽隊員の皆さんとのレッスンから、「教える」ということについて大切なことをたくさん思い出させていただきましたので、ここにシェアさせていただきたいと思います。

 

**********

「教えるとき。」

…教える時。

目の前の人が辿ってきたプロセスに最大の敬意を持ち、
その人が持っている自分で自分を進ませる力を絶対的に信頼することは、
本当に大切なことだと思う。

そして私が見えたものから、
相手に何かを伝えようとする時、

使い慣れた言葉を淀みなく使ってもいいし、
言葉をじっくりと選んでもいい。

でもそこには必ず瞬間的であっても、
選択する時間が要る。

そして言葉を選ぶ時に生じる「間」は、
伝える私にとっても、
受け取る相手にとっても、
必要なもの。
不可侵なもの。

「エネルギー溢れる静けさ」とでも言おうか。

**********

 

海上自衛隊呉音楽隊の皆様、豊かな時間をありがとうございました。

写真は呉の美しい夕暮れです。

 

メールマガジン発行しています!

こちらのメルマガでは、

・よりダイレクトに役立ち、より演奏の現場に即した最新ブログ記事
・東京、大阪、名古屋はじめ全国でのレッスン&セミナー情報

などいち早くお伝えしてまいります。

ぜひご登録くださいませ!

 

 

関連記事

  1. 教えること

    「あたりまえ」を洗練させるということ。〜指導者の方とのレッスンから〜

    「これ、いつも自分が生徒に言っていることなのになぁ…

  2. サックス・楽器演奏のこと

    “指への指示”をアップデートする。

    「指は"丸く"、とか"立てる"、ってよく言われるじゃな…

  3. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。

    アレクサンダー・テクニークのレッスンは、「先生が生徒に教える。…

  4. 教えること

    演奏における動き。その希望的考察。

    「表現するときは、もっと動いたほうがいい。」「無駄な動きは妨げになるの…

  5. 教えること

    私のレッスン・スタイル。

    スポーツを見ていて、昔から「選手とコーチって、いいな。」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. ココロとカラダ

    「チューニングが恐い…」過去との対峙。
  2. ココロとカラダ

    患者さんの手。〜全体性を考える〜
  3. ココロとカラダ

    息が吸いにくい…?それ、構え方に原因があるかも!
  4. レッスン情報・掲載情報

    グループレッスン、始めます!
  5. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。
PAGE TOP