サックス・楽器演奏のこと

頭と脊椎の優しい関係。その2

頭と脊椎が出会うところ。

 

「頭の動きが身体全体の動きに影響する。」
ということについて、あと少し。

そもそも頭(=頭蓋骨)って、脊椎とどう接しているのでしょうか?

脊椎の1番上の骨は、「環椎」と呼ばれています。その名のとおり、輪っか状になっています。そしてその上部には、ゆりかごのような凹みがあります。↓

「環椎を上から見たところ」

 

そして頭蓋骨の下の部分には、その凹みに相対するように凸部があります。(真ん中の穴は大後頭孔といって、脳と繋がる脊髄が通っています。)↓

「頭蓋骨を下から見たところ」

「頭蓋骨を後ろ斜め下から見たところ」

 

私はこれを初めて知ったとき、不思議と首が楽になり、頭が軽く感じました。
それまでは、ちょうどサックスのネックと本体がガッチリとはまっているように、頭と脊椎もガッチリとはまっていると思っていたので(笑)。

こんなふうに脊椎の1番上、環椎のゆりかごの上に頭はふんわりとバランスをとって乗っているんですね。
この部分を「トップジョイント」(または「AOジョイント」「環椎後頭関節」)と呼んでいます。

さらにこのトップジョイント周辺には、たくさんの靭帯や小さな筋肉たちが集まっていて、4~5kgある頭を身体の一番上で自由に動けるようにしなやかに支えてくれています。

 

人間が持つ、一番最初の関節。その位置。

さて、このトップジョイント。正確にはどこにあるのでしょうか?

耳たぶのウラに指を沿わせて少し上に動かすと、コツッとした骨の出っ張りを感じると思います。その左右の出っ張りを結んだちょうど真ん中、そして舌でノドの奥に触れた時に感じる柔らかい部分のもう少し奥に、トップジョイントはあります。

ここが、頭と脊椎が出会う場所です。↓

※写真は、関節が見やすいようにやや下から撮影しています。

けっこう上のほうにありますね。

私たちの頭はこんなに上にあって、そして脊椎は既にそこから始まっているのです。(下アゴのあたりでは、既に脊椎がスタートしています。)
脊椎はそこから何度かカーブを描きながら、下へ伸びていきます。
そしてその長さは、ちょうど椅子に座った場合、座面のすぐ上のところまであります。

「頭が脊椎の上で自由に繊細に動いて、脊椎はカーブを描きながら長く伸びていて、頭の動きについていく。」

ぜひそんなふうに思いながら、一度お好きなフレーズや気になるフレーズを吹いてみてください。

…いかがでしたか?

 

メールマガジン「幸せなパフォーマンスのために」発行しています!

こちらのメルマガでは、最新ブログ記事を始め、メルマガ読者さまだけのお得なセミナー情報などをいち早くお伝えしています。

下記のバナーをクリックして、ぜひぜひご登録くださいませ!

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。

    あの人のような音で吹きたい!と強く思うことは…

  2. サックス・楽器演奏のこと

    美しさを聞き分けるのは。

    チューナーは魅力的な道具。「自分は大丈夫だろうか」と正しさを求…

  3. ココロとカラダ

    本番用ハイヒールをどう履くか?

    ”本番用衣装”というと、私の場合はもっぱらロングド…

  4. サックス・楽器演奏のこと

    続・鼻抜けを考える〜腹部、脚との関連性〜

    一部の管楽器奏者を悩ませる「鼻抜け」についての続編です。このブ…

  5. 自由なパフォーマンスのために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。

    ー「どんなことがあっても、本番は気持ちを切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. ココロとカラダ

    本番で迷走しないために知っておきたい迷走神経のこと〜音楽する人のための生理学2〜…
  2. 自由なパフォーマンスのために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。
  3. ココロとカラダ

    恐怖の裏側=生きたいという強い望み
  4. サックス・楽器演奏のこと

    楽器を持ったらどうやって立つ?〜立奏で腰や脚が痛い方へ〜
  5. ココロとカラダ

    楽譜を見るときの目の使い方とは?
PAGE TOP