自由なパフォーマンスのために

MCでガチガチになってしまう!演奏とのバランスの取り方

 

MC。

カジュアルなコンサートには特に欠かせない、大事な司会進行役。

どんなコンサートをする時も、共演者の中に一人は必ずMCが上手なありがたーい方がいて、たいていはその方にお任せして安心しきって演奏に集中しているのですが(◯ちゃん、いつもありがとうございます!)、ソロでのコンサートの時などどうしても一人でMCも演奏も努めなければならない時があります・・・。

今日はそんなMCと演奏のバランスの取り方について考えてみたいと思います。

 

まるでマラソン…

私は元々人前で話すことが苦手で、それもあって「楽器を演奏する」ということを選んだようなところもありました。

そんな自分にとって”コンサートでMCをする”などということはとんでもないプレッシャーでした。

基本的に逃げ回っていましたが、どうしてもMCをしなければならない時は、ずいぶん前から(演奏よりも)入念な準備をし、台本を楽譜に書き、お風呂でひとりこっそり練習を繰り返すという徹底っぷり。もはやMCと演奏どちらがメインなのか、自分でも呆れるくらいでした。

いざ本番。

演奏→MC→演奏→MC→演奏→MC→演奏・・・

息つく暇もなくひたすら繰り返される無限ループ。
次第に、大嫌いだった小・中学生の時のマラソン大会の最中の自分とオーバーラップしていく始末で、コンサートが終了した後はもうグッタリなのでした(泣)。

 

最も望んでいることを明確にする

BodyChanceのレッスンでは、生徒さんが「何を望んでいるか」をまず明確にすることからスタートします。

その人が望む方向をまず明確にし、それについて現状を観察し分析し、実験を繰り返しながら解決策を見出す。
そのようなプロセスを踏んで、教師は生徒さんご自身が望むところへ自ら進んで行かれることをサポートします。

この「望み」を明確にすること自体が、大切なプロセスのひとつです。
それが明確になった瞬間、全てが解決するということも珍しいことではありません。

私も、この悩ましいMCと演奏の関係に自分が何を望んでいるのかを明確にしてみることにしました。

『…そもそも、無理にMCをする必要もないのではないか。』

まずそんなことがふと頭をよぎり、それも選択肢の一つであることを認識した瞬間、とても体が楽になったことを覚えています。

「無理にMCをしなくてもいい。」まずはそれが一つめ…?

しかし、この「〜しなくてもいい」というプランは、「望み」としてはかなり消極的なものとなり、あまりふさわしいものではない。ここでの「望み」はもっと主体的で具体的で現実的で、かつ建設的なものが望ましい。
そう思って、もう一度考察してみました。

曲と曲の間を緩やかに繋ぎ、奏者によるプログラムの意図を伝え、曲の解説をすることでそのコンサートをより豊かな実りある時間にしていく…。
コンサートにおいて、MCは非常に重要な役割を果たします。

「充実したコンサートをする」これは演奏者として目指したい大きな「望み」です。そのためにもMCは重要。しかしあくまでも演奏者にとっては「充実した演奏をする」ことが望みであって「人前で上手く話す」ことは大きな目的でない。

…紆余曲折ありつつも、私は自分が何を望んでいるかをこのように言語化してみました。

・演奏する時は演奏に集中したい。
・MCをすることで言葉によってもこのコンサートの趣旨、曲の深い内容を伝えたい。

これでようやくスッキリしてきました。

 

“間”の美しさ

さて、いよいよコンサート。

私は前述の「望み」を紙に書いて、譜面台に置いておくことにしました。

そしてMCをする時も、演奏をする時も、

・自分の頭の場所と、背骨の長さを思い出し、
・自分のの身体を支えてくれているのは、主に身体の深部、背骨の周りにある筋肉であり、
・お客様に音楽を伝えるために、自分が今できることを一つ一つただ丁寧に。

他にも細かなプランを遂行しつつ、ひたすらこのことを繰り返してみました。

同じように「ひたすら繰り返す」とは言え、このプランがない状態の時と比べて、結果全てが雲泥の差でした。

その時、聞きに来てくださったお客様や、コンサートのプロデューサーに

「MCにも曲間にも、始終とても心地よい”間”があった。」

とお褒めの言葉をいただいたことを覚えています。

美しい”間”。

その空間を共有する人としか味わえない、生のコンサートの醍醐味だと思います。

演奏だけでなく自分がやろうとすること全てにおいて、そこにある「望み」を一度明確にしておくことは、自分自身にとってとても有益で有意義なものです。

時間が思いの外かかったり、少しハードルが高いと感じることもありますが、そんな時はぜひレッスンにお越しくださいね。

 

メールマガジン「幸せなパフォーマンスのために」発行しています!

こちらのメルマガでは、最新ブログ記事を始め、メルマガ読者さまだけのお得なセミナー情報などをいち早くお伝えしています。

下記のバナーをクリックして、ぜひぜひご登録くださいませ!

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    美しさを聞き分けるのは。

    チューナーは魅力的な道具。「自分は大丈夫だろうか」と正しさを求…

  2. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。

    BodyChanceでのレッスンは、「先生が生徒に教える。生徒…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その1

    最初に起こる動き。「頭の動きが身体全体の動きに影響する。」…

  4. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。

    …コンサートホールには、独特の空気感が漂っているものです。たと…

  5. ココロとカラダ

    演奏するあなたの「存在価値」は揺らがない

    「こんなひどい演奏をして…。私など生きている価値がない。」…

  6. 自由なパフォーマンスのために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。

    ー「どんなことがあっても、本番は気持ちを切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その2
  2. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。
  3. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。
  4. サックス・楽器演奏のこと

    「演奏することとは、自分自身や人生への投影」〜サックス吹きの生徒さんからのメッセ…
  5. サックス・楽器演奏のこと

    編曲作品に取り組むこと〜アンサンブル・レッスンから〜
PAGE TOP