1. ココロとカラダ

    舌の手術と、入院。

    『このブログは2015年8月23日に、旧ブログに投稿したものを原文のまま転載したものです。』2015年、夏。舌の病気の手術のため、入院することに。病気のため舌を切除するのはこれで3度目になる。場所はいつも同じところ。舌の左側縁部。前回までと大きく異なるのは、局所麻酔では無く全身麻酔になることと、傷口を縫わずに人工粘膜での処置を行な…

  2. ココロとカラダ

    クセはなぜやめられないのか

    『分かってるんですけどね…なかなかやめられないんです。』演奏技術を習得していく中で、私たちは技術と共に様々な「クセ」を身につけていくもの。それら…

  3. ココロとカラダ

    朝起きた時に首や背中が痛い〜寝る前のひと工夫〜

    「日中はさほど何ともないのに、朝起きた時に身体が痛い。」 「長時間演奏した後に起こる痛みと同じ痛みが、なぜか寝起きにも強く感じる。」 「爽やかにスタ…

  4. ココロとカラダ

    演奏するあなたの「存在価値」は揺らがない

    「こんなひどい演奏をして…。私など生きている価値がない。」決して冗談でなく、かつて私はよくこんな風に考えていました。自分に厳しく、という意味…

  5. ココロとカラダ

    「緊張」はなぜ起こるか?〜脳からの贈り物〜

    「本番でも緊張しないようにしたいんです。いつも通りに演奏したい。」生徒さんから、よくこのような相談を受けます。演奏者をはじめとしたパフォーマーにとっ…

  6. ココロとカラダ

    本番用ハイヒールをどう履くか?

    ”本番用衣装”というと、私の場合はもっぱらロングドレスか上下とも黒いもの(黒黒、と呼ばれます。)で、どれも自分の体に合った演奏しやすいものを…

  7. ココロとカラダ

    息が吸いにくい…?それ、構え方に原因があるかも!

    レッスンにいらっしゃる生徒さんのご要望の中で最も多いものの一つに、「息があまり吸えてないんです…」というものがあります。今日はそんな「構え方と呼吸」につ…

  8. ココロとカラダ

    楽譜を見るときの目の使い方とは?

    レッスンをしていて常々思うのは、「目の使い方」「ものの見かた」が演奏に著しく影響を及ぼしているんだなぁということ。目の使い方を変えるだけで、発音がうまく…

  9. 自由なパフォーマンスのために

    MCでガチガチになってしまう!演奏とのバランスの取り方

    MC。カジュアルなコンサートには特に欠かせない、大事な司会進行役。どんなコンサートをする時も、共演者の中に一人は必ずMCが上…

  10. ココロとカラダ

    お客様は野菜?思考が体に与える影響

    アレクサンダー・テクニークの中で大切にされている考え方の中に「心身統一体」というものがあります。「心と体はいつも結びついていて、切り…

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    緊張の裏側。
  2. 自由なパフォーマンスのために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。
  3. ココロとカラダ

    恐怖の裏側=生きたいという強い望み
  4. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。
  5. 教えること

    「あたりまえ」を洗練させるということ。〜指導者の方とのレッスンから〜
PAGE TOP