1. ココロとカラダ

    演奏するあなたの「存在価値」は揺らがない

    「こんなひどい演奏をして…。私など生きている価値がない。」決して冗談でなく、かつて私はよくこんな風に考えていました。自分に厳しく、という意味もあり、またある種の自嘲の意味もあり…..。またそんな風に自分を評価することで、深層心理では逆に「救われる」「許される」そんな気がしていたことも事実です。 自分への脅迫。一体いつからそんなことを考える…

  2. ココロとカラダ

    「緊張」はなぜ起こるか?〜脳からの贈り物〜

    「本番でも緊張しないようにしたいんです。いつも通りに演奏したい。」生徒さんから、よくこのような相談を受けます。演奏者をはじめとしたパフォーマーにとっ…

  3. ココロとカラダ

    本番用ハイヒールをどう履くか?

    ”本番用衣装”というと、私の場合はもっぱらロングドレスか上下とも黒いもの(黒黒、と呼ばれます。)で、どれも自分の体に合った演奏しやすいものを…

  4. ココロとカラダ

    息が吸いにくい…?それ、構え方に原因があるかも!

    レッスンにいらっしゃる生徒さんのご要望の中で最も多いものの一つに、「息があまり吸えてないんです…」というものがあります。今日はそんな「構え方と呼吸」につ…

  5. ココロとカラダ

    楽譜を見るときの目の使い方とは?

    レッスンをしていて常々思うのは、「目の使い方」「ものの見かた」が演奏に著しく影響を及ぼしているんだなぁということ。目の使い方を変えるだけで、発音がうまく…

  6. 自由なパフォーマンスのために

    MCでガチガチになってしまう!演奏とのバランスの取り方

    MC。カジュアルなコンサートには特に欠かせない、大事な司会進行役。どんなコンサートをする時も、共演者の中に一人は必ずMCが上…

  7. ココロとカラダ

    お客様は野菜?思考が体に与える影響

    アレクサンダー・テクニークの中で大切にされている考え方の中に「心身統一体」というものがあります。「心と体はいつも結びついていて、切り…

  8. ココロとカラダ

    座っててもラクラク!座奏で楽に自由に動ける方法

    今日は座奏、座って演奏するときのことについて。立奏よりも、実は座奏のほうに悩ましさを抱えている方が多いように思います。「脚を…

  9. サックス・楽器演奏のこと

    楽器を持ったらどうやって立つ?〜立奏で腰や脚が痛い方へ〜

    皆さんは、立って演奏することと、座って演奏すること、どちらがお好みでしょうか。(座らないと、あるいは立たないと演奏できない楽器の皆さんゴメンなさい・・・ご参…

  10. サックス・楽器演奏のこと

    楽器をストラップにかけるときや持ち運ぶときに心がけたい3つのこと

    突然ですが!楽器って…重いですよね…。大きさも重さも様々なものがありますが、たとえ小さいものであっても長時間持ち歩いたりしていると、意外と身体に…

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    「演奏することとは、自分自身や人生への投影」〜サックス吹きの生徒さんからのメッセ…
  2. 自由なパフォーマンスのために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。
  3. 自由なパフォーマンスのために

    MCでガチガチになってしまう!演奏とのバランスの取り方
  4. ココロとカラダ

    演奏するあなたの「存在価値」は揺らがない
  5. 自由なパフォーマンスのために

    タブーを犯す。その先に残るもの。
PAGE TOP