1. ココロとカラダ

    本番で迷走しないために知っておきたい迷走神経のこと〜音楽する人のための生理学2〜

    アスリートの世界ではよく「ゾーンに入る」という言葉が聞かれます。この「ゾーン」とは、集中力が極限に高まった状態のことを表すのですが、詳しく言うと・時間がゆっくりに感じられ、ボールなどの動きが止まって見える・感覚(視覚・聴覚・筋感覚など)がすごく敏感になり、体が普段より思い通りに動く・自分の周囲にも敏感になり、周りで何が起こっているかを…

  2. サックス・楽器演奏のこと

    「演奏することとは、自分自身や人生への投影」〜サックス吹きの生徒さんからのメッセージ〜

    先日、一般の吹奏楽団に所属するサックス吹きの方がレッスンにいらっしゃいました。明るくあたたかく、なんだか頼れる雰囲気を持つ彼女とのレ…

  3. ココロとカラダ

    “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜

    『…何でこんなに同じことを何度も繰り返さなきゃ、できるようにならないんだろう。』『今日もアレとアレとアレの練習しておかなきゃ…』練習がイヤになる原因…

  4. レッスン情報・掲載情報

    8月のレッスンのご案内

    8月の各種レッスン&ワークショップのご案内です!8月も様々なレッスンを行なってまいります!ぜひ下記をご覧くださいませ。8/29(水)には満を持し…

  5. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。

    数ヶ月に一度、頸部(くび)のCTを撮りに行っています。横たわって、白い筒のようなものに入って体の断面図を撮影するものですね。私が経験したCTは2…

  6. サックス・楽器演奏のこと

    「こんなにお腹が使えるんだと思って!」〜自分の指導にすぐ活かせるレッスン〜

    先日レッスンにお越しくださったサックス奏者Aさんから、お便りをいただきました。その時のレッスンで学んだことを、早速ご自身のレッスンに活かしていただけたよ…

  7. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。

    …コンサートホールには、独特の空気感が漂っているものです。たとえステージでは何も行われていない状態でも、足を踏み入れた途端、一種の「神聖さ」に触れ、身体…

  8. サックス・楽器演奏のこと

    「THE SAX vol.89」に寄稿させていただきました。

    「THE SAX vol.89」に掲載されました!5/25(金)発売のサックス専門誌「THE SAX 第89号」(アルソ出版)の特集記事「音が良くなる呼吸法…

  9. サックス・楽器演奏のこと

    続・鼻抜けを考える〜腹部、脚との関連性〜

    一部の管楽器奏者を悩ませる「鼻抜け」についての続編です。このブログの過去記事「鼻抜けを考える」をお読みになった方から、「鼻抜けが改善した」または「おこら…

  10. サックス・楽器演奏のこと

    「演奏を通じて人生が語られている」〜レッスンで変化していく”本番”への対応力〜

    アレクサンダー・テクニークの教師資格を得て2年、そして上京してBodyChanceの所属教師となり1年が経ちました。…まさに「必…

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その2
  2. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。
  3. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。
  4. レッスン情報・掲載情報

    8月のレッスンのご案内
  5. サックス・楽器演奏のこと

    ストラップと首と腕と私。〜”構える”というプロセス〜
PAGE TOP