【11/22(木)@新宿】サックス奏者のためのワークショップ

「サックス奏者のためのワークショップ」

サックス奏者だけのワークショップ、開催します!


11月22日(木)、「サックス奏者のためのワークショップ」を開催いたします!

「フラジオが出ない」
「サックスを吹くと首や背中が痛い」
「座奏、または立奏でうまく楽器を安定して構えられない」
「姿勢がだんだん崩れてきてしまう」
「何故かまわりにくい指がある」
「力を入れているつもりはないのにタンギングが荒くなる」
「低音が当たる確率が著しく低い」
「生徒さんにどう伝えたらいいか分からない」…etc.

サックス奏者・指導者の皆さまの様々なお悩み・ご質問をぜひお持ち寄りください。

このワークショップでは、お一人お一人に何が起きているかを分析し、その方に合った解決方法を共に探っていきます。

ワークショップ概要

当日の参加者の皆様の疑問・質問・興味のあることに関連させながら、アレクサンダー・テクニークの考え方を用いつつ、

「サックス奏者特有の身体の動き」
「ソプラノ〜バリトンそれぞれの楽器の構え方」から

「構造から考える腕や手の使い方」
「アンブシュアに関わる動きの解析」
「低音〜高音のコントロールの可能性」
などを探っていきます。

お一人お一人へのレッスンの時間を設けますので、定員は6名様とさせていただきます。

開催スケジュール

<東京・新宿スタジオ>
【日時】
・11月22日(木) 19:00〜21:00
【参加料】10,800円(税込)
【会場】BodyChance新宿スタジオ
【定員】6枚様

お申込お問合せは下記フォームよりお願いいたします!

 

お申し込み・お問い合わせ

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。
  2. 自由なパフォーマンスのために

    ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜
  3. サックス・楽器演奏のこと

    緊張の裏側。
  4. ココロとカラダ

    「緊張」はなぜ起こるか?〜脳からの贈り物〜
  5. サックス・楽器演奏のこと

    ストラップと首と腕と私。〜”構える”というプロセス〜
PAGE TOP