ココロとカラダ

  1. 息が吸いにくい…?それ、構え方に原因があるかも!

    レッスンにいらっしゃる生徒さんのご要望の中で最も多いものの一つに、「息があまり吸えてないんです…」というものがあります。今日はそんな「構え方と呼吸」につ…

  2. 楽譜を見るときの目の使い方とは?

    レッスンをしていて常々思うのは、「目の使い方」「ものの見かた」が演奏に著しく影響を及ぼしているんだなぁということ。目の使い方を変えるだけで、発音がうまく…

  3. お客様は野菜?思考が体に与える影響

    アレクサンダー・テクニークの中で大切にされている考え方の中に「心身統一体」というものがあります。「心と体はいつも結びついていて、切り…

  4. 座っててもラクラク!座奏で楽に自由に動ける方法

    今日は座奏、座って演奏するときのことについて。立奏よりも、実は座奏のほうに悩ましさを抱えている方が多いように思います。「脚を…

  5. 本番で迷走しないために知っておきたい迷走神経のこと〜音楽する人のための生理学2〜

    アスリートの世界ではよく「ゾーンに入る」という言葉が聞かれます。この「ゾーン」とは、集中力が極限に高まった状態のことを表すのですが、…

  6. “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜

    『…何でこんなに同じことを何度も繰り返さなきゃ、できるようにならないんだろう。』『今日もアレとアレとアレの練習しておかなきゃ…』練習がイヤになる原因…

  7. 自分を自由にする言葉。

    数ヶ月に一度、頸部(くび)のCTを撮りに行っています。横たわって、白い筒のようなものに入って体の断面図を撮影するものですね。私が経験したCTは2…

  8. 本番に「平常心」は必要か。

    …コンサートホールには、独特の空気感が漂っているものです。たとえステージでは何も行われていない状態でも、足を踏み入れた途端、一種の「神聖さ」に触れ、身体…

  9. 恐怖の裏側=生きたいという強い望み

    2015年の夏。私は舌腫瘍の手術を受けました。その後の組織検査の結果、初期の舌癌であることが分かり、現在も経過観察を続けています。下記の…

  10. 美しいパワー。〜自分は何を望んでいるか〜

    ーー「今日やりたいことはありますか?」「何がしたいですか?」私のレッスンは、必ず「生徒さんの望み」から始まります。しかし…

  1. 自由なパフォーマンスのために

    ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜
  2. 受講者の声

    “本当の自分”が表現できるようになると思いました。” 愛知県立芸術大学同窓会セミ…
  3. ココロとカラダ

    楽譜を見るときの目の使い方とは?
  4. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その1
  5. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。
PAGE TOP