ココロとカラダ

  1. 本番で迷走しないために知っておきたい迷走神経のこと〜音楽する人のための生理学2〜

    アスリートの世界ではよく「ゾーンに入る」という言葉が聞かれます。この「ゾーン」とは、集中力が極限に高まった状態のことを表すのですが、…

  2. “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜

    『…何でこんなに同じことを何度も繰り返さなきゃ、できるようにならないんだろう。』『今日もアレとアレとアレの練習しておかなきゃ…』練習がイヤになる原因…

  3. 自分を自由にする言葉。

    数ヶ月に一度、頸部(くび)のCTを撮りに行っています。横たわって、白い筒のようなものに入って体の断面図を撮影するものですね。私が経験したCTは2…

  4. 本番に「平常心」は必要か。

    …コンサートホールには、独特の空気感が漂っているものです。たとえステージでは何も行われていない状態でも、足を踏み入れた途端、一種の「神聖さ」に触れ、身体…

  5. 恐怖の裏側=生きたいという強い望み

    2015年の夏。私は舌腫瘍の手術を受けました。その後の組織検査の結果、初期の舌癌であることが分かり、現在も経過観察を続けています。下記の…

  6. 美しいパワー。〜自分は何を望んでいるか〜

    ーー「今日やりたいことはありますか?」「何がしたいですか?」私のレッスンは、必ず「生徒さんの望み」から始まります。しかし…

  7. 患者さんの手。〜全体性を考える〜

    私の所属するBodyChanceでは、「全体性」をとても大切に考えます。身体は、そのすべてが繋がりあっているものであって、部…

  1. 教えること

    教えるとき。
  2. サックス・楽器演奏のこと

    緊張の裏側。
  3. ココロとカラダ

    恐怖の裏側=生きたいという強い望み
  4. 自由なパフォーマンスのために

    タブーを犯す。その先に残るもの。
  5. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜
PAGE TOP