自由なパフォーマンスのために

  1. 跳躍。そして新しい関係性。

    アレクサンダー・テクニークのレッスンは、「先生が生徒に教える。生徒は先生に教わる。」という、いわゆる"レッスン"とはかなりスタイルが異なります。…

  2. タブーを犯す。その先に残るもの。

    「そんなこと…ありえない。」音楽家だけでなく、きっと誰にでも自分の中で「タブー」としていることがあって、それがあまりにも当た…

  3. ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜

    言葉というのはとても強い力を持っているものですね。アレクサンダー・テクニークの学校であるBodyChanceの教師養成コースでは、言…

  4. 「本番モードに切り替える」ことの必要性。

    ー「どんなことがあっても、本番は気持ちを切り替えて行かなきゃ。」本番前になんらかのアクシデントがあった時、こんな風に考えて本…

  1. ココロとカラダ

    演奏するあなたの「存在価値」は揺らがない
  2. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。
  3. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。
  4. ココロとカラダ

    息が吸いにくい…?それ、構え方に原因があるかも!
  5. サックス・楽器演奏のこと

    楽器に寄り添う、手。
PAGE TOP