サックス・楽器演奏のこと

「THE SAX vol.89」に寄稿させていただきました。

「THE SAX vol.89」に掲載されました!

5/25(金)発売のサックス専門誌「THE SAX 第89号」(アルソ出版)の特集記事「音が良くなる呼吸法」に寄稿させていただきました!

「THE SAX vol.89」ご購入・詳細はこちら♪

この特集は4人の執筆者により構成されていますが、私はその中で主に「姿勢」と「呼吸」の関係について書かせていただいています。

タイトルは「サックス奏者の呼吸をアップデート!〜姿勢とともに考える〜」。

 

「吸うこと」「吐くこと」において、どのように身体が働いているか、

その仕組みを理解した上でどのように身体を使うことができるか。

単に形の上での「正しい姿勢」ではなく、身体の動きに基づいてどう考えるか。

いくつかのエクササイズも交え、体験することで、お読みになった方それぞれがご自分の

「姿勢=身体の動き」

について考えを深めていただければという思いを込めて執筆させていただきました。

 


 

「THE SAX」はバリバリの専門誌。

ページを開けば、世界で活躍する超有名大御所プレーヤーから、今をときめく注目の若手プレーヤーの記事に溢れています。

サックスを愛するみなさまに、とても役に立つ詳しい記事も満載。

創刊当時からずっと愛読していたので、最初にご依頼をいただいた時は嬉しさの半面、

「…えっっ!…む、ムリ…私などにそんな…。。」

と例によりかなりひるみましたが、そこはアレクサンダー教師!(笑)

すぐに怖気付いて逃げようとする習慣的な自分と向き合いつつ、

「ただ自分が学び、教えてきたことの中で、みなさまに役立てていただけること」

を厳選し、ただただ夢中になって言葉を綴りました。

 


 

文章を綴ることに、ここまで楽しく集中したことは初めてのことでした。

もちろん表現にはかなり悩みましたし、書き直しもかなり行ないました。

選んだ言葉をどう受け止められるか、恐ろしさもありました。

それでも、まだ見ぬ読者の皆様の姿を想像しつつ、自分が理解していることを様々な角度で見つめなおす作業は、

静かでありながらもとても活動的で、ワクワクする時間でもありました。

 

こうして印刷されて書店に並ぶさまを目の当たりにすると、やっぱり

「うっっ。。ホントに出版されてる…。。」

とまた怖気付くのですが(笑)、嬉しい気持ちでいっぱいでもあります。

改めて読んでみると、もっとああ書けばよかった、他の方は本当に上手に書いてらっしゃるなぁと反省ばかりですが、

これを大きな糧に、またこちらのブログにももっと役立つ記事を書いていければと思っています。

 

お世話になりましたアルソ出版の皆様に、心より御礼申し上げます。

 

*****************

メールマガジン「幸せなパフォーマンスのために」発行しています!

こちらのメルマガでは、最新ブログ記事を始め、メルマガ読者さまだけのお得なセミナー情報などをいち早くお伝えしています。

下記のバナーをクリックして、ぜひぜひご登録くださいませ!

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その2

    頭と脊椎が出会うところ。「頭の動きが身体全体の…

  2. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。

    …コンサートホールには、独特の空気感が漂っているものです。たと…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    「鼻抜け」を考える。

    一部の管楽器奏者を悩ませる「鼻抜け」。楽器…

  4. ココロとカラダ

    “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜

    『…何でこんなに同じことを何度も繰り返さなきゃ、できるようにならないん…

  5. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。

    あの人のような音で吹きたい!と強く思うことは…

  6. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜

    最近、レッスンを受けにお越しくださる皆様の中で、新幹線や飛行機…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. 自由なパフォーマンスのために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。
  2. ココロとカラダ

    恐怖の裏側=生きたいという強い望み
  3. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その1
  4. ココロとカラダ

    “練習”はなぜ必要か〜音楽する人のための生理学〜
  5. サックス・楽器演奏のこと

    続・鼻抜けを考える〜腹部、脚との関連性〜
PAGE TOP