サックス・楽器演奏のこと

緊張の裏側。

 

…本番の緊張について。

自分が「恐怖」や「不安」を感じていることを、まず認めること。

でもその裏側には、必ず大きな「情熱」や「愛情」があるもの。必ず。

その表裏をひっくり返してみたら…どんな世界があるだろう。

それはきっと壮大で幸せなチャレンジ。
.
.
.

私たちが本番を迎える時に、脳は必ずそれを察知してアドレナリンを分泌してくれます。

それは自分自身が最高のパフォーマンスを発揮するために必要な、様々な「高まり」をもたらしてくれますが、
同時に「恐怖」や「不安」が高まることも事実だと思います。

本番は、いつも一度きりの未知の世界。

そして人間は「未知なるもの」に恐怖を感じるもの。

…私たちが本番を前にそれらを感じることは、いわば当然のことと言えます。

まずそれを認めつつも、その恐怖や不安の裏側には、

自分の思い通りに演奏するために長い長い時間を費やしてきた、自分の「情熱」や、

音楽そのものはもちろん、この時間を共有する共演者や、聴衆の方々への「愛情」。

そんな大きな熱い想いが必ずあって。

それこそがむしろ表側で、真実なのだと思います。

緊張と呼ぶ「大きな高まり」の中、そんな幸せなチャレンジを抱いて、ステージに臨むことができたら…。

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。

    あの人のような音で吹きたい!と強く思うことは…

  2. 自由なパフォーマンスのために

    ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜

    言葉というのはとても強い力を持っているものですね。…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その1

    最初に起こる動き。「頭の動きが身体全体の動きに影響する。」…

  4. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。

    BodyChanceでのレッスンは、「先生が生徒に教える。生徒…

  5. サックス・楽器演奏のこと

    頭と脊椎の優しい関係。その2

    頭と脊椎が出会うところ。「頭の動きが身体全体の…

  6. 自由なパフォーマンスのために

    タブーを犯す。その先に残るもの。

    「そんなこと…ありえない。」音楽家だけでな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. 教えること

    跳躍。そして新しい関係性。
  2. サックス・楽器演奏のこと

    緊張の裏側。
  3. 自由なパフォーマンスのために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。
  4. サックス・楽器演奏のこと

    続・鼻抜けを考える〜腹部、脚との関連性〜
  5. サックス・楽器演奏のこと

    「THE SAX vol.89」に寄稿させていただきました。
PAGE TOP