サックス・楽器演奏のこと

涙の理由。〜レッスンで得られるもの〜

 

アレクサンダー・テクニークの教師は、時々生徒さんに触れることで様々な動きのガイドをすることがあります。

それによって得られる体験が(人によっては)あまりに衝撃的なことが多々あり、

「先生が触ってくれたからできた」=「先生の助けがなければできない」

と思い込んでしまうこともしばしば起こります。(私もそうでした。)

しかし、決してそうではないのです。

動いたのは、生徒さんご自身の意思によるものだからです。

 

突然の涙。

先日、あるサックス奏者の生徒さんが初回のレッスンにいらっしゃいました。

アレクサンダー・テクニーク(BodyChanceメソッド)のレッスンでは、教師がほんの少し手を使ってその方の本来の姿勢バランスを取り戻すお手伝いをするのですが、この時の生徒さんの反応は様々です。

「…………。」(←ひたすら無言)

「…すっごい前のめってません?」

「フワフワしますー。」

「立ってない感じ。」

「目線がいつもより高いです。」

「ええ?これでは楽器は吹けません!(笑)」

などなど。。

サックスの方だと、ほぼストラップの長さがいつもより変化します。

その方も、「あー、すごい違和感」とおっしゃいつつストラップの微調整をして、ある歌曲の一節を吹いてくださいました。

「…。あぁ、こんなふうに吹きたかったんです。」とおっしゃったかと思ったら。

…ポロポロと大粒の涙が頬をつたって行くのでした。

私はちょっとびっくりしつつ、ただその場に、生徒さんと一緒に佇んで、ゆっくり流れてゆく時間を味わっていました。

「すみません…。何で泣いてるのか、自分でもよく分からなくて。」

「うん。私も同じような経験が何度もありますよ。何でも、筋肉に溜まったいろんな物質が一気に流れ出すと、涙になって排出されるとか。ホルモンによる作用で、温泉効果があるらしいですよ。」

「あぁ、確かになんかスッキリしてます(笑)」

 

衝撃の再発見

後日のレッスンで、その時の涙の理由についてちょっと聞いてみました。

「今だに分からないんですけど…『自分にもこんな音が出せるんだ』という感動と…あと衝撃?みたいなものだったと思います。」

「…衝撃?」

「ショックでした。これまで、これも違う、こうでもない、といろんなことを長く試してきたのに、問題はそんな小さい部分のことじゃなくて、もっと大きなこと…根本的な、もっと全体的なことだったのかもしれないってことが、とても衝撃的で。」

—「部分でなく、全体」

私が自分のレッスンの中でとても大切にしていきたいと願っているもの。
こんなふうに伝わったのかと思うと、とても感慨深いものがありました。

手を使うと、どうしても「先生が何かほどこしてくれた」という解釈をされてしまいがちで、実はちょっと躊躇してしまうこともあります。

でも教師は単に、あるひとつの動きの提案をしているだけであって、実際にそれを選んで動いているのは生徒さんご自身です。

人を無理やり動かすことはできません。
心も、身体も。

動きはすべて、その人の選択によるもので、それによって得られるものも、その人自身の持っている力があってこそ。

私はこれからもそんなふうに、生徒さんの”新しい選択”に、ただ寄り添っていたいなと思う出来事でした。

 

関連記事

  1. サックス・楽器演奏のこと

    「THE SAX vol.89」に寄稿させていただきました。

    「THE SAX vol.89」に掲載されました!5/25(金)発…

  2. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜

    最近、レッスンを受けにお越しくださる皆様の中で、新幹線や飛行機…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    楽器に寄り添う、手。

    正しい指の使い方?レッスンの中でよくある質問。「サックスの…

  4. サックス・楽器演奏のこと

    「鼻抜け」を考える。

    一部の管楽器奏者を悩ませる「鼻抜け」。楽器…

  5. サックス・楽器演奏のこと

    ストラップと首と腕と私。〜”構える”というプロセス〜

    ストラップと身体の関係。サックス吹きにとって、大切…

  6. サックス・楽器演奏のこと

    あなただけが出せる音。

    あの人のような音で吹きたい!と強く思うことは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    編曲作品に取り組むこと〜アンサンブル・レッスンから〜
  2. ココロとカラダ

    本番に「平常心」は必要か。
  3. サックス・楽器演奏のこと

    「鼻抜け」を考える。
  4. 教えること

    「あたりまえ」を洗練させるということ。〜指導者の方とのレッスンから〜
  5. ココロとカラダ

    患者さんの手。〜全体性を考える〜
PAGE TOP