自由なパフォーマンスのために

YESのパワー。

 

『ここで間違えたらどうしよう…。』と思うのと

『ここで決められたら超ステキじゃん!』と思えるのとでは

自分に与える影響が全く違う。出てくる音も確実に違う。

「いつでも楽しむこと」は強いパワーを生む。

それは甘えでもなく、遊びでもない。本当の強さ。


目的に至るプロセス。

 

…演奏中でのお話。

「間違えたらどうしよう…」と思うことと、

「決められたら超ステキ!」と思うことが目指している「結果」は、同じものです。

しかしそのプロセスは、全く異なったものに変化します。

どちらが良いか悪いか、というよりは、

「どちらがうまく自分の身体を動かしやすいか

と表現するのがふさわしいでしょうか。

 

ちょっとした言葉遊びのように感じられるかもしれません。

しかしこんな時、瞬間的に習慣的に

「自分が望んではいないこと」を考えるのか、それとも

「自分が本当に望んでいること」を考えるか。

 

思考を”選ぶ”ことはできます。(…それには、少し練習が必要ですが。)

 

 

「自分が望んでいるもの」は果たして何か。

BodyChanceではこのように

「自分が望んでいること」について、具体的に

「何をしたらいいか、どう動いたらいいか」を考えていくことを

 

「Yesプラン」

 

と呼んでいます。

これは一見、とても静かに見えますが、

とてもパワフルで知的な活動だなぁと日々感じています。

さて、あなたがいま考えていることは、

ご自分にとって「Yesプラン」でしょうか…?

 

メールマガジン「幸せなパフォーマンスのために」発行しています!

こちらのメルマガでは、最新ブログ記事を始め、メルマガ読者さまだけのお得なセミナー情報などをいち早くお伝えしています。

下記のバナーをクリックして、ぜひぜひご登録くださいませ!

関連記事

  1. 自由なパフォーマンスのために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。

    ー「どんなことがあっても、本番は気持ちを切…

  2. ココロとカラダ

    自分を自由にする言葉。

    数ヶ月に一度、頸部(くび)のCTを撮りに行っています。横たわっ…

  3. サックス・楽器演奏のこと

    ひたむきな眼差し。〜アルト・サックスでの座奏〜

    最近、レッスンを受けにお越しくださる皆様の中で、新幹線や飛行機…

  4. ココロとカラダ

    クセはなぜやめられないのか

    『分かってるんですけどね…なかなかやめられないんです。』演奏技…

  5. 自由なパフォーマンスのために

    タブーを犯す。その先に残るもの。

    「そんなこと…ありえない。」音楽家だけでな…

  6. 自由なパフォーマンスのために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。

    ドキドキのソロを奏でるときと大切な人にプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. サックス・楽器演奏のこと

    続・鼻抜けを考える〜腹部、脚との関連性〜
  2. サックス・楽器演奏のこと

    「演奏することとは、自分自身や人生への投影」〜サックス吹きの生徒さんからのメッセ…
  3. 受講者の声

    “本当の自分”が表現できるようになると思いました。” 愛知県立芸術大学同窓会セミ…
  4. ココロとカラダ

    楽譜を見るときの目の使い方とは?
  5. ココロとカラダ

    座っててもラクラク!座奏で楽に自由に動ける方法
PAGE TOP