自由なパフォーマンスのために

YESのパワー。

 

『ここで間違えたらどうしよう…。』と思うのと

『ここで決められたら超ステキじゃん!』と思えるのとでは

自分に与える影響が全く違う。出てくる音も確実に違う。

「いつでも楽しむこと」は強いパワーを生む。

それは甘えでもなく、遊びでもない。本当の強さ。


目的に至るプロセス。

 

…演奏中でのお話。

「間違えたらどうしよう…」と思うことと、

「決められたら超ステキ!」と思うことが目指している「結果」は、同じものです。

しかしそのプロセスは、全く異なったものに変化します。

どちらが良いか悪いか、というよりは、

「どちらがうまく自分の身体を動かしやすいか

と表現するのがふさわしいでしょうか。

 

ちょっとした言葉遊びのように感じられるかもしれません。

しかしこんな時、瞬間的に習慣的に

「自分が望んではいないこと」を考えるのか、それとも

「自分が本当に望んでいること」を考えるか。

 

思考を”選ぶ”ことはできます。(…それには、少し練習が必要ですが。)

 

 

「自分が望んでいるもの」は果たして何か。

BodyChanceではこのように

「自分が望んでいること」について、具体的に

「何をしたらいいか、どう動いたらいいか」を考えていくことを

 

「Yesプラン」

 

と呼んでいます。

これは一見、とても静かに見えますが、

とてもパワフルで知的な活動だなぁと日々感じています。

さて、あなたがいま考えていることは、

ご自分にとって「Yesプラン」でしょうか…?

 

 

関連記事

  1. Saxophone&Other instruments

    緊張の裏側。

    …本番の緊張について。自分が「恐怖」や「不…

  2. 自由なパフォーマンスのために

    タブーを犯す。その先に残るもの。

    「そんなこと…ありえない。」音楽家だけでな…

  3. 自由なパフォーマンスのために

    演奏を”伝える”ための大切なプラン。

    ドキドキのソロを奏でるときと大切な人にプレ…

  4. Saxophone&Other instruments

    編曲作品に取り組むこと〜アンサンブル・レッスンから〜

    ぎこちなさの正体。先日、リサイタルを目前に控えた若い演奏家さんたち…

  5. 自由なパフォーマンスのために

    「本番モードに切り替える」ことの必要性。

    ー「どんなことがあっても、本番は気持ちを切…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

情報満載でおトクなメールマガジン♪  ↓ご登録はこちら!↓

♪ Follow me ♪ 渡邊愛子のTwitter

  1. For happiness life

    患者さんの手。〜全体性を考える〜
  2. Saxophone&Other instruments

    頭と脊椎の優しい関係。その2
  3. 自由なパフォーマンスのために

    ことだま。〜「言葉」を受け止めるスキル〜
  4. Saxophone&Other instruments

    涙の理由。〜レッスンで得られるもの〜
  5. Saxophone&Other instruments

    ストラップと首と腕と私。〜”構える”というプロセス〜
PAGE TOP